2020-04-15 11:49

老化は世界保健機関が使用する疾患基準に適合

国際長寿連盟、生物老年学研究基金会とリスク因子予防部のある科学者グループは、老化は世界保健機関(WHO)の疾患基準に符合すると表明しました。
 
老年学の学者で構成される国際的な研究チームは、国際疾病分類(ICD-11)標準と比べて老化プロセスを分析しました。国際疾病分類とは、医師や他の医療専門家が疾病を特定するのを助けるためにWHOが作成した参考文献です。学者らは、低レベルの全身性炎症、細胞分裂の減少、ホルモンの変化などの老化に共通する特徴が疾患と見なされるためのICD-11基準に適合すると結論付けました。
 
これらの機能低下には、生理学的および精神的変化が含まれます。 しかし、これらの変化が病気を構成するかどうかは、科学界内で未解決の議論のままです。 世界保健機関は、疾患を定義する際に、次のような特徴を有する機能障害の有無を考慮します:症状を反映する身体のあらゆる部位の一連の機能障害は、根本的なメカニズムによって説明でき、時間経過とともに発展し、医学的介入に反応し、遺伝的および環境的要因に関連することができます。
 
科学者らは、老化のバイオマーカーが、一連の兆候と症状を持つ老化の証拠を提供すると考えました。多数の炎症マーカーを含む血液によるバイオマーカーは疾病のICD−11基準に適合しました。 彼らは、歩行速度、バランス、握力、筋肉量などの身体機能の測定値がすべて、疾患の定義に使用される基準に符合することを発見しました。 無意識の体重減少、自己申告による疲労、脱力感、歩行速度の低下、身体活動の低さなど身体虚弱の指標もこの基準に該当します。最後に、老衰の遺伝生物マーカーも標準に符合しています。例えばテロメアの崩壊です:染色体の末端にある特別なDNA断片は、細胞の複製過程においてDNAを損害から保護します。科学者らは、これらのバイオマーカーが、一連の兆候と症状を持つ老化の証拠を提供すると考えました。
 
このレビューの著者は、老化プロセスの基礎は、疾患と同様のいくつかの細胞および生理学的メカニズムであると主張しています。細胞レベルでは、これらのメカニズムには慢性の軽度炎症と複製老化あるいは細胞が加齢とともに分裂と増殖できないことが含まれます。加齢に関連する身体構造の変化は、老化のメカニズムを反映しています。つまり、除脂肪体重より、体は脂肪を多く含むように変化します。
 
 
この図は、老化のメカニズムが相互作用するすべての方式を示しています。点線は一部の臓器間の関係のみを反映し、実線は一般的に人体に関連する関係を示します。(老化は国際疾病分類|老化と発展のメカニズムに適合する)
 
疾病がどのように進行して解決するか、そのプロセスと結果はそれぞれ、疾患の分類にに使用される主要な指標です。研究チームは、老化プロセスと結果が再びICD-11疾患基準を満たしていると判断しました。老化の過程は慢性的であり、加齢関連疾患は通常、時間の経過とともに消えません。他の加齢関連疾患がない場合、老化は常に死に至ります。これは老化に関連する疾病が老化の病理効果を完全に解釈できないことをもっと信じさせられます。
 
老化に対する介入には多くの反応も存在します。この研究で挙げられている最も注目すべき介入には、運動と健康的な食事が含まれます。著者らは、潜在的な介入として、フラボノイド、オリーブオイル、コーヒー、ナッツ、豆類、全粒穀物製品及びマグネシウムを多く含む健康食品を挙げています。
 
多くの疾患は本質的に遺伝性であるため、ICD-11はある条件が疾患の遺伝基準である可能性があるかどうかを判定します。遺伝子変異はあくまでも長寿長寿と関連付けられていますが、これまでに認識されたのはごくわずかです。エピジェネティックな変化すなわちDNAコードを変更せずに遺伝子の活動を変化させる活動も、老化プロセスにおいても重要な役割を果たしています。 しかし、エピジェネティックな変化が老化にどのように影響するかの理解は、まだ不完全なままです。
 
ICD-11による疾患定義の最後の部分は相互作用する環境要因に関連しています。年齢を影響する環境要素には、喫煙、飲酒、スポーツ活動などがあります。これらの環境影響を変化させることで、老衰の過程で健康寿命を延ばすことができます。
 
著者らは、「人間の老化は、WHOの疾患基準で説明できます」と結論付けています。 重要なことには、疾患のように老化を治療することが、支援資金、研究開発、および老化治療薬の承認方式を変えるでしょう。」
 
 
出典
情報源:
Khaltourina Daria, Matveyev Yuri, Alekseev Aleksey, Cortese Franco, Lovita Anca.  Aging fits the disease criteria of the International Classification of Diseases.  Mech Ageing Dev, 2020; DOI: 10.1016/j.mad.2020.111230.
 
参照論文:
  1. AM Bernstein, BJ Willcox, H Tamaki, N Kunishima, M Suzuki, DC Willcox, J-SK, TT Peris.  First autopsy study of an Okinawan centenarian: absence of many age-related diseases.  J Gerontol A Biol Sci Med, 2004; 59: 1195-1199.
  2. Khaltourina Daria, Matveyev Yuri, Alekseev Aleksey, Cortese Franco, Lovita Anca.  Aging fits the disease criteria of the International Classification of Diseases.  Mech Ageing Dev, 2020; DOI: 10.1016/j.mad.2020.111230.
  3. LP Fried, CM Tangen, J Walston, AB Newman, C Hirsch, J Gottdiener, T Seeman, R Tracy, WJ Kop, G Burke, MA McBurnie, Cardiovascular Health Study Collaborative Research Group.  Frailty in older adults: evidence for a phenotype.  J Gerontol A Biol Sci Med Sci, 2001; 56: M146-56.
  4. World Health Organization, 2011.  Content model reference guide. 11th Revision.  World Health Organization, Geneva.