2021-01-05 13:53

NMNカクテル療法はCOVID 19の治療に応用可能


 
 
最近、Huizengaは、Sars-cov-2に感染した高齢者にNMNカクテル治療を投与する研究を発表した。その研究では、カクテル療法が臨床的パラメータから見ると、速いかつ顕著な変化を示した。患者たちはNMNのカクテルを飲むと、血液中の炎症マーカーが低下し、白血球(リンパ球)の数の増加も見られた。

NMN分子は有望なアンチエイジング剤で、NAD+細胞のエネルギー生成レベルを高め、細胞の健康を維持することができる。Huizengaの研究では、NAD +のレベルを上げると、sars-cov-2感染を含む感染に対する免疫システムの反応が高まることを発見した。

Huizengaは、研究に参加したCovid-19感染者に朝食と夕食の前に1日2回、NMNカクテル83 mlと水400 mlを内服するようにした。投与したカクテルは濃度が指定されていない市販のNMNと3種類の補助剤から作ったものになる。

Huizenga氏は、これらの補助剤はNAD +に依存するタンパク質(サーチュイン遺伝子、Sirtuins)の活性を最適化にし、細胞の健康維持に重要な役割を果せると考えている。NMNカクテルのブースター(booster)は、ビートから抽出されるビテチンの合成物で、NAD+の障害を防ぐあるいは阻害する物であり、塩化ナトリウムはNMNが体内の吸収を強化するもので、亜鉛は細胞がストレス障害と炎症による損傷から保護するNFE2L2(Nuclear factor erythroid 2-related factor 2)というタンパク質の機能を強めた。

この研究には、平均年齢65歳のCovid-19感染者9人が含まれており、2人が糖尿病、5人が早期糖尿病、2人が重い心臓病を持ち、3人が高血圧薬を服用しており、6人が肥満である。9人全員が発熱、咳、昏睡の症状があり、ほとんどが寝たきりの状態であった。9人のうち、6人が嗅覚を失い、5人が下痢を訴えていた。

 

治療受ける前の患者特徴
 
Huizengaはこれらの患者がCovid-19の症状が現れてから5―34日以内に投与を始めた。9人のうち4人は重症で、酸素飽和度のレベルが悪化していたが、NMNカクテルは2― 3日内に熱を下げるなど、臨床的に急速な改善を見せた。特に、治療後に集中治療を必要とする患者はない。

 
患者の結果

最後に、彼は研究の中で、「最近の研究では、抗体のレベルは感染後3週間でピークに達し、その後迅速に下げることが見られている。これは免疫の持続期間が長いことを示し、自然にまたはワクチンによる免疫を達成することが難しいので、我々の責任は素早くこの病に対抗する最も効果的な薬を探すために、頼りのある研究を設計、実施そして完成させることである。その中で、ニコチンアミドフィードバックリング遮断剤、吸収増強剤、nrf2作動薬を組み合わせたNMNは有望な治療法である」と述べた。



Story Source
Huizenga, Robert, Dramatic Clinical Improvement in Nine Consecutive Acutely Ill Elderly COVID-19 Patients Treated with a Nicotinamide Mononucleotide Cocktail: A Case Series (August 17, 2020). Available at SSRN: https://ssrn.com/abstract=3677428

Journal Reference
Omran HM, Almaliki MS. Influence of NAD+ as an ageing-related immunomodulator on COVID 19 infection: A hypothesis. J Infect Public Health. 2020 Sep;13(9):1196-1201. doi: 10.1016/j.jiph.2020.06.004. Epub 2020 Jun 7. PMID: 32534944; PMCID: PMC7275989.